2011年5月22日日曜日

高円寺の路上フリマに行ってみた




東京都杉並区にある高円寺あづま通り商店会主催の路上フリーマーケット『縁台ふるほん市・拡大版』が、5月14日から15日まで、同商店街で開催された。

同イベントは、同商店街にある「入利(いり)弁天」の縁日(毎月第3土曜日)に開催されている『縁台ふるほん市』の規模を拡大したもの。

期間中、約30の出展者たちが露店を出した。古書に加え、豆本やミニコミ誌などの自主出版物、無料配布雑誌であるフリーペーパー、樹脂粘土でスイーツを形作った雑貨やブックカバーらが並べられ、にぎわいを見せた。

ミニコミ誌を出展していた縁台では、家庭用プリンターとカラーコピー機で製作した表紙と本文をホチキスでとじた本から、作り手が組版から入稿までを行い、印刷と製本を専門会社に依頼した本まで、多用な雑誌が並べられていた。



あづま通り商店街の2か所に設置された「チャリティまちかど本棚」では、寄付された本が均一100円で販売された。売上金は、復興義援金として寄付されるという。

※この記事はガジェ通一芸記者の「竹内みちまろ」さんが執筆しました。
竹内みちまろ:東京在住。ミニコミ誌、豆本、同人誌など「本」に関する話題、アート、グルメ、散策記事を配信。お問い合わせは、ホームページからお気軽に。