2011年4月4日月曜日

被災地岩手の酒蔵より動画レター「花見するのが何よりの支援」



記者の職場近くの上野公園は、都内でも有数の花見所です。しかし、提灯は設置されているものの、「お花見自粛」の看板が立ち、雰囲気は自粛ムードが漂っています。

そんな中、被災地 岩手県の2つの酒蔵(あさ開、南部美人)からyoutubeの動画レター『被災地岩手から「お花見」のお願い』が届いています。

内容は「花見をすることが最大の支援だから、自粛しないで。」ということを訴えています。

南部美人 久慈さんは動画の中で以下のようにコメントしています。
「酒を飲んでいる場合ではないというのが、東北の原状ですが、このまま(の花見自粛ムード)では、我々は経済的な二次被害を大きく受けてしまいます。」
「日本酒を飲んで明日の活力にしていただきたい。そして、みなぎった活力を少しでいいから、被災地にまわしていただきたい。」

記者自身も、昨日、東北のお酒を2本購入し、友人宅にもって行き、きっちり飲み干してきました。
現在、「がんばろう日本」というフレーズで、甲子園、プロ野球や企業などが復興支援や協力をしています。
しかし、自粛することが、復興支援のためにならないこともあるという点は、頭に入れておかないといけません。
『可能なエリア、可能な人が、普通に生活することが最も被災者支援になる。』くらいでいいかと思います。
また、ここには2つの蔵元しか動画がないですが、被災地だけではなく、全国の酒蔵も、花見自粛で非常に大きな打撃を受けていることだと思います。
おちろん、被災地のお酒にこだわることもありません。地元の酒でよいのです。
こういうときこそ、日本酒を飲んでください。
ざっくり言いますと、純米吟醸以上をおススメします。日本酒のイメージが変わりますよ。

岩手県盛岡市 あさ開 http://www.asabiraki-net.jp/


岩手県二戸市 南部美人 http://www.nanbubijin.co.jp/

うどよしさんプロフィール:書道家。現在、『がんばろ う日本。』プロジェクト進行中。既存の書を苦手な初心者や外国人にペン字のような“とめはね等を少なくして書く書道”を提唱。東京上野でう どよし大衆書道教室主宰、千代田区生涯学習館 書道講師。