2011年3月2日水曜日

中国独自のソーシャルサイト・動画投稿サイトを訪問してみた

中国の動画投稿サイト『bilibili DOUGA・春』ですが、この画像を見ていると、どこかで見たことの有るサイトだったり見覚えがあるキャクターが描かれています。
察しの良い方は判ったと思いますが、『ニコニコ動画』にソックリなデザインに成ってました。
投稿されてる動画も『ニコニコ動画』に投稿された動画を転記されてたりと、このままで大丈夫なの?と感じながら、投稿された動画を見てみると。

プレーヤーが清い迄にソックリ!コメントは『大きさ』や『色』や『位置』も指定が出来事も一緒、コメントの流れ方は、少しだけ重いですがコメントを見られない事は無かった。
本家『ニコニコ動画』と同様に人気な動画に対して中国語の弾幕を確認できます。
日本でも、コメントが流れる動画サイトが有りますが、プレイヤー・レイアウトがココまでソックリなサイトは見たことが有りません。


こちらも、中国で独自に展開されてるソーシャルサイト『fanfou.com』のスクリーンショットですが、皆さんは「あれ?」って思うはずです。
その考えは正しいです、このデザインは旧Twitterにソックリなデザイン。何故こんなサイトを作らなければならないか?と言うと中国では、TwitterやFacebookのアクセス規制を受けており、独自でソーシャルサイトを作らなければ成らない事情が有る訳ですが、ここまで似てると他の国では、パクリサイトと認識してしますよね。
ここには、載せて無いのですがFacebookにそっくりなサイト『Xiaonei』は2005年に開設され、今では名前を『Renren』と変え中国No.1のSNSに成ってるそうです。
色々な、事情が有るとは言えココまで似せる必要が有るのか?と思ってたりします。



●fanfou
http://fanfou.com/
●Renren
http://www.renren.com/