2011年3月18日金曜日

食品が消える!? 噂を考える



                      薄暗い店内で買い物をする人々



スーパーから食品が消える!?
そんな心理からか、首都圏の店内から次々に食料品が消えている。
店の前には、長蛇の列ができているのだ。
納豆、牛乳、パン、カップラーメンなど、食品の棚は、ガラガラ。
ネットスーパーは、ガソリンの不足で配達中止を続けている。
さらには、生協の宅配も、ほとんどが欠品状態。
特に冷凍食品は、工場が打撃を受け、まったく届かない。

本当にこのまま、食品が消えてしまうのだろうか。

3月18日お昼の日本テレビ「DON」にて、食品事情をわかりやすく放送していた。
買いだめに走る人々が、食品の危機感をあおり、その様子を見た人が、また買いだめに走る。
まさに、悪循環である。
現に、パン売り場では、普段考えられない量の山積みパンを購入する主婦の行列をみかけた。

誰が悪いというのではない。だが、どこかでこの悪循環を断ち切らないといけない。
放送でも食品の買いだめが、一因だと話しており、しだいに落ち着くとの談話を紹介していた。
需要と供給のバランスが崩れ、一時的に需要が上回ってしまったが、量そのものの不足は無いのだそうだ。気になる、食品以外のトイレットペーパー類も、十分な量があるはずなのだとか。

一方、東北では、そんな首都圏の人々を快く思っていないという。

今、一番必要とされる人々に、物資の供給をするために、この連鎖をやめなくてはいけないのではないだろうか。
大丈夫なのだというはっきりとしたデータが、もっと提供されるべきなのではないだろうか。

「いらないと思ったけど、みんな買ってるからついつい買っちゃった」
話しかけてきた奥さんの話が、現在の首都圏に暮らす主婦の気持ちを代弁している。



写真・記事ともに  主婦目線で震災を見つめる ももぷに