2011年3月11日金曜日

何者? アンドロメダの歌姫!?




青山一丁目の一等地にその店はある。
店頭のショーケースには、ポスターが貼られ、怪しげな雰囲気を醸し出している。
ぱっと見ただけでは、見逃してしまいそうだが、そのポスターには、気になるキャッチコピーが付けられている。
その名も「夢見るアンドロメダの歌姫」。




彼女の名前は、青樹亜依という。元々、山本リンダの歌マネで芸能界入りし、その後、和製シンディローパーとしてハワイで活躍をしていた。
その後、宇宙人に遭遇した(?)体験から、地球平和親善大使の道へと進む。
と、何やらコメディー映画のような経歴の持ち主である。

1982年には、「アンドロメダの歌姫」でデビューを飾る。
一度聴いたら耳から離れないメロディー、違う世界へといざなう歌詞は、まさに我が道を行く「トンデモソング」なのだ。





自称「宇宙歌謡曲歌手」。彼女の歌は、好き嫌いが分かれるだろう。だが、この殺伐とした現代に警告を投げかける、メッセージソングである。

シングルのみでなく、アルバムも発売されている。興味を持たれた方は、ぜひどうぞ。

参考サイト・画像:
http://home.h00.itscom.net/dokuritu/otoban/otoban-oudou01.html

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%C4%BC%F9%B0%A1%B0%CD