2011年3月10日木曜日

タイトル案2)あのピコさんも参加!ニコ生来場者数2万人超えライヴを支えた「NETDUETTO」


タイトル案1)遠隔音楽セッションできる「NETDUETTO」でネットバンドのライヴが現実に!

タイトル案2)あのピコさんも参加!ニコ生来場者数2万人超えライヴを支えた「NETDUETTO」

タイトル案3)遠隔音楽セッションできる「NETDUETTO」ニコ生も対応へ!


離れた場所にいるメンバー同士がインターネットを介して音楽セッションをおこなうことができる「NETDUETTO(ネットデュエット)」を使ったライヴイベントが、3月9日東京・六本木のVOCALOID CAFEで開催された。

「NETDUETTO」とは、家庭のインターネット回線で手軽に高音質なオーディオを送受信するための技術で、ヤマハが開発した。この技術を使うことで、離れた場所にいてもリアルタイムでネット越しにセッションできるようになり、本格的なネットバンドが現実のものとなる。

Skypeなどでも、オーディオ通信はできるが遅延時間(レイテンシー)が大きく、お互いの音を聴きながらの演奏は不可能なためプロフェッショナル向け、商用向けには耐えなかったが、NTTのNGNとの連携により違和感のない高音質なセッションが実現する運びとなった。NGNでは、ネットワーク上で通信の優先生業をおこなっており、たとえば、東京-大阪間でもわずか3メートル隣の人とセッションしている感覚、とのことで、遅延に関してはかなりの自信があるようだ。
今回のライヴでは、Vocalのピコさん、GuitarのKOJIさん、Keyboardの向谷実さんは六本木の会場からDrumの真矢さんとbassのjunkoさんは渋谷の会場から、それぞれ音楽セッションに参加した。映像の遅延は見られたものの、音に関してはまったく支障のない演奏だった。
すでに「NETDUETTO(ネットデュエット)」のベータ版が公開されておりwindows版が無料でダウンロードできる。

今冬を目処に「ニコニコ動画」の生放送サービス「ニコニコ生放送」は、「NETTODUETTO β」に対応予定とのこと。
将来的には、たとえば、
Twitterで「バンドメンバー募集! 当方ギターをやってます。けいおん!の曲をやりたいです。ドラム、ベース、ボーカルやりたい人はいませんか?」とバンドメンバーを募って、
「ベースやってます。北海道から。NO,Thank You!弾きたい。」
「ラーメン屋なう。広島に住んでます。今ごはんはおかずが流れてる。自分はドラムやります。」
「ボーカル。東京在住です。早速ですが、今夜、や ら な い か?」
「あずにゃんやりたい。21時〜キボンヌ」
な感じでメンバーが集まったら、
「NETTODUETTO」を使ってセッションをニコ生で放送するなんてことがカンタンにできるようになるかもしれません。
さらには、海外に住んでいる人とリアルタイムで音楽セッション、世界各国バラバラの場所にいる100人の大合唱などがニコ生で視聴できるようになる、そんな時代が来るかもしれません。

そんな妄想の前に、「実際にNETTODUETTOを試してみたい」という方や、「一人で楽器を弾いてるだけじゃなくてバンド演奏してみたいな」「ぼっちだから一緒にバンドやる人がいない」「楽器が家にない」「NETDUETTO、なにそれおいしいの?」という方に朗報!
なんとサウンドスタジオノアとスタジオ246で、「NETDUETTO」に対応したスタジオを先着100名に期間限定でスタジオ代無料で利用できるそうです。

「NETDUETTO」の技術を使うとどんなことができるようになるんだろうと考えるとワクワクしますね。でもこの技術を使って「やっと転勤になった嫌な上司が隣で発言しているかのような臨場感のあるテレビ会議」なんてことになったらちょっとイヤですね。


◆「NETDUETTO β」対応OS:Windows XP/Vista/7/Vista x64/7 x64
◆「ニコ生セッション♪」特設ページ
◆ニコニコ生放送
◆ustream
◆スタジオノア
◆スタジオ246