2011年2月22日火曜日

いいともで激白!スリムクラブの給料、いまだ10万と7万?!



昨年のM-1グランプリ2010で準優勝し話題をかっさらったスリムクラブ。ブレイク後、200近くの仕事のオファーが殺到し、5月まで休みがないと言われる売れっ子の彼らの現在の給料が、未だそれぞれ10万と7万ということが、2月22日の笑っていいとも!のテレフォンショッキングでわかった。

2月22日、笑っていいとも!テレフォンショッキングに、笑い飯からの紹介で登場。以下は、トークの内容を一部記者が書き起こしたものだ。真栄田さん(声がガラガラの方)、内間さん(坊主の方)。

タモリ 「今、忙しいだろ?急に」
真栄田 「そうです、おかげさまで出させてもらったり仕事一杯もらってるんですけど、ただ吉本なので何度も言ってますけども、給料がほんとに安いんですよ」
タモリ 「まだ上がんない?」
真栄田 「まだです、こないだ僕が10万なんですよ、お前いくらだった?」
内間 「僕は7万です」
真栄田 「それを担当の部署の人に言ったら、お前らKARAよりましだろ!って言われて」

(中略)

タモリ 「家賃いくらなの?」
真栄田 「家賃、でも6万ですね」
タモリ 「ギリギリだねぇ」
真栄田 「光熱費とか溜まってるので」
タモリ 「溜まってんの?」
真栄田 「溜まってんですよ」
タモリ 「大変」
真栄田 「後でテロップで僕らのUFJの口座流しますんで、募金を募りますんで」
内間 「全国の皆さんに」

その後のトークで、内間さんに借金が50万円あることも発覚。スリムクラブが、笑いで飯が食えるようになるのはいつの日なのか。