2011年2月4日金曜日

全日本ロードレース選手権に8耐にヱヴァ再降臨

エヴァンゲリオン レーシングは2011年の活動計画を2月4日に発表した。
昨シーズンは、真夏の祭典「鈴鹿8時間耐久ロードレース」と「MFJ全日本ロードレース選手権
シリーズ最終戦」のみの参戦に留まったが、今年は「エヴァ初号機トリックスターFRTR」として
「全日本JSB1000クラス」と「鈴鹿8時間耐久ロードレース」にエントリーすると発表した。
昨シーズン8耐の話題を独り占めにした、エヴァンゲリオンとTRICK☆STAR Racingの
コラボレーションが今年も見られることになる。
マシーンは、今年フルモデルチェンジされるKawasakiZX-10Rを使用し、
タイヤはブリヂストンを使用する。
ライダーは去年まで、PLOT PANTHERAに所属していたしていた出口修選手を起用し
チームは優勝を目指し走りはじめました。
また、「鈴鹿8時間耐久ロードレース」は、芹沢太麻樹選手・武石伸也選手と言う技巧派ライダーを
起用し09年の準優勝を超えるリザルトを目指すことになる。



        参戦内容は以下の通りです。
        
        ◆参戦レース 2011 MFJ全日本ロードレース選手権・鈴鹿8時間耐久ロードレース
        ◆チーム名  エヴァRT初号機トリックスターFRTR
        ◆ゼッケン  ♯01(申請中)
        ◆エントラント TRICK☆STAR Racing
        ◆監督     鶴田 竜二 
        ◆ライダー   出口修選手(全日本・8耐)芹沢太麻樹(8耐)武石伸也(8耐)
        ◆車両     Kawasaki ZX-10R
        ◆タイヤ    ブリヂストン

エヴァンゲリオン レーシングプロジェクト・サイト
http://www.runat.co.jp/teamruna/evaracing11/index.html

写真:yasuoka・k_zeag

*写真は全て2010年仕様です。