2011年1月20日木曜日

コラム:ヒップホップ界のVERBAL=声優界の豊崎愛生?

『ヒップホップ文化とアニメ文化には共通点が多く存在するのではないか?』

私が日頃から考えている仮説である。ヒップホップ文化に欠かせないブレイクダンサーの事をB-BOYと呼ぶ事をもじって、所謂アキバ系の男性をA-BOYと呼ぶようになった事から始まり、いろいろと模索してみると確かに共通点が多く見つかる。


先日友人と電話をしていたところ、また新たな一つの仮説が浮かび上がった。それは、

『ヒップホップ界のVERBAL=声優界の豊崎愛生である』

という、一見すると非常に突拍子もない一説である。しかし、これを検証していくと様々な共通点が見えてくるのだ。今回はこの仮説について、根拠を説明したいと思う。まずは二人のプロフィールから、簡単に紹介していこう。


VERBALは音楽プロデュースユニット:m-floのラッパーとして活動する、日本語ラップシーンでは一位,二位を争う程ラップが上手いと言われる実力派。音楽活動の他にも、個性的かつハイレベルなファッションセンスを活かして自身のブランドを立ち上げるなど、様々な分野で活躍している。

豊崎愛生はアニメ『けいおん!』シリーズの平沢唯役をはじめ、特有の声と演技力の高さを活かして活躍している女性声優。アイドル声優ユニット:スフィアの一員としても活動し、ソロ作品も多数発表している。ほっこりとした独特な世界観を持つ事でも知られる。

既にこの時点で『ユニット所属でソロ活動も活発』、『個性的な世界観』、『本業のスキルの高さ』など、いくつかの共通点は見えてくる。しかし、これだけではまだまだ論じるに足りない。それでは、その他の共通点挙げていこう。


共通点その1:シーンを問わない活動

先述の通り、VERBALは自身に関連する音楽活動で、アルバムがオリコン週間ランキングで軒並み上位に食い込むなどの商業的成功を納めている。ヒップホップリスナー以外の認知度も高く、VERBALという個人名はわからずとも「m-flo」という名前くらいは聞いた事があるだろう。

一方で豊崎愛生は、こちらも『けいおん!』シリーズが社会現象になる程の成功を納めており、アルバムはオリコン週間ランキングで共に一位を獲得。スフィア名義でもシングルが上位にランクインしており、昨年11月に行われた武道館公演も大成功。こちらも、豊崎愛生という個人名は知らずとも「けいおん!」または「スフィア」は聞いた事がある人はいるだろう。


共通点その2:惑星に対するこだわり

m-flo"m"meteorite(隕石)mediaを掛け合わせた造語、mediariteを指し、「隕石が流れてこの世界に影響を与えたい」という願いを込められている(諸説あり)。 その願い通り、m-floの楽曲には、「宇宙」「未来」などのキーワードが頻出する。実際、m-floのファーストアルバムのタイトルは『Planet Shining』である。

対して、スフィアもユニット名が「天体」「円」を意味し、ロゴマークは土星をモチーフとしている。公式サイト、並びに配信しているウェブラジオのタイトルも『Pl@net Sphere』である。


共通点その:20012011

VERBALm-floの楽曲『Quantum Leap』にて、「パナマ・ジョーンズのように十年見張ったMC」とラップしている。この歌詞からも表わされているように、VERBALは他の楽曲でも発売年時の十年後の年号を歌う事がある。今から10年前の20013月、m-floはセカンドオリジナルアルバム『EXPO EXPO』を発売した。同アルバムに収録された楽曲『come again』はCMに起用され、一般に広く知れ渡るキッカケとなった。

時は移り変わり10年後、2011年の3月。スフィアはセカンドアルバム『Spring is here』をリリースする。まずは発売月、そしてセカンドアルバムであるところが共通点として挙げられる。さらに、同アルバムに収録予定の楽曲『MOON SIGNAL』がアニメ『おとめ妖怪ざくろ』のオープニングテーマに起用された事によって、より広い層に知れ渡る事になった事も興味深い。


この他にも、『VERBALの「ジェッ!」、豊崎愛生の「すんっ!」』『共に武道館公演、横浜アリーナ公演経験者』などの細かい共通点もあるが、割愛させて頂く。



いかがだろうか?半ばこじつけ的な印象を受ける点もあるかもしれない。とはいえ、実際に興味深い共通点が見つかる事は確かである。あくまで仮説の域を出ない論であるが故、議論の余地があると考え、記事を執筆してみた。この記事を機に、片方だけ興味を持っていた方が、もう片方にも興味を持ってもらえると、双方の応援者として非常に光栄である。


*SKOK:平成のラッパーソングライターとして活動。様々な情報を相互作用させ、発信をしています。http://ameblo.jp/skok/